フォト

おことわり

  • コメントと写真について
    コメントと写真について一言おことわりを申し上げます。 ささやかなプログではありますがコメントして頂けるのはとても嬉しいです。でも、申し訳ないですが、管理人が不適切・不適当と判断したものは勝手ながら削除させて頂きますのであしからずご了解ください。 写真について個人が撮影しているものについては全て著作権は撮影者にあります。違法行為が認められた場合はそれ相応の対応を講じさせて頂くとことをお断りしておきます。

写真をクリック♪

  • 写真をクリック♪
    写真の上にカーソルを置いてクリックすると画像大きくなります♪

イオレスの摘み草記

  • Genkouhan
    こちよ、こちよ、かわいいこちよ。 こっちゃんはね、ほんとうは“こちよ”というんだよ おかしいね、おかしいね♪

多摩川で勉強中

  • 金色ゆらり
    多摩川の川っぺりに越して随分となりました。 ベランダから見下ろす多摩川相手に写真の稽古を付けさせてもらっています。
無料ブログはココログ

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006年12月30日 (土曜日)

晦日

Pa0_0220
自治会の皆様、毎年趣向を凝らしたイルミネーション飾り、ありがとうございます。

障子張り

 昨日、障子の桟を洗っておいたので早速、障子張りをした。
 ココちゃんがいるのでリビングで張った。
 ニャンたちを極力排除したが...チッポとクマッチが張ったばかりの障子の上を横断していった...!
 “なにわめき散らすのよ??こんな所でなにやってんの!”というのがチッポの意見だろう、とメリーに言われた。
 泣けるねぇ....。
 霧吹きをかけたものの横断された痕は残ってしまった。
 これが可能な限りの努力です。
 障子張りは父が毎年やっていた。
 見よう見まねで覚えた。
 最近の両面テープも使った事があるが後々の始末を考えるとやはり障子糊が一番いい。
 刷毛も忘れちゃならない道具の一つ。
 障子張りのついでに壁紙と襖の爪あと隠しをした。
 めんでぃんぐてーぷと残った壁紙などの材料で、さぁ、何とか、と思ったのもつかの間、ふと気が付くと修理した下のほうにもドデカイ傷痕が目に入ってしまったのだ。
 ....ため息。
 修理不可だわ、こりゃ...。
 窓拭きにはちと風が強すぎた。
 晦日に掃除、そして大晦日は雑煮の出しつくり。 
 後2日か...。
 たかが1月になるだけのことよ!
 と、母が余りに慌しかった年末に自分に暗示をかけるかのように言っていたっけ。
 そう、12月から1月になるだけなのことだけど、やっぱり正月はいい。
 今日張った障子、何時まで持つかはわからねど、3が日まではもって欲しいと願うのでありました。
 おでんちゃん、頼むよ??!!
 
Pa0_0099_1
それはどうかしらね? by チッポ

Pa0_0204
私は知らないもん、やらないもん by ここ

Pa0_0118
お手数お掛けいたしました...by クマッチ

Pa0_0013
なんだって言うのよ??? by おでん

2006年12月28日 (木曜日)

崖のわんこ

譲渡への道

 今年気になるニュースのうち、木登りクマちゃんは“ヨリー”ちゃんと言う名前をつけてもらい動物園で生きていくことになった。
 そして徳島・眉山の崖で助けられた姉妹ワンコ、譲渡の会が1月28日に行なわれる事になった。
 動物愛護センターに保護されて、人に飼われるよう慣れさせることから始められたけれど、まだまだ慣れた、というほどではないようだ。けれどもケージからでてご飯を貰うようになったりと、少しずつセンターの方たちの努力が実り始めているのは間違いない。
 徳島の動物愛護センターがホームページでこのワンコたちの近況をアップしてくれているのでだいたいの様子がわかる。多分日本全国から問い合わせも多かったからだと思うが、忙しい仕事の合間をぬっての更新作業、ありがたいと思う。そしてなにより、嬉しいのは、そんな努力をしてくれている人たちが職員だということ。
 譲渡の会のお知らせを掲載したそのぺーじにもっと嬉しい事が書いてあった。
 全国からあのワンコたちを欲しいという要望が寄せられているが、譲渡に関する条件に当たらない方たちにこう、お願いしてるのだ。
 どうか、近隣の動物愛護センターにいるワンコたちを代りに貰って可愛がってください、と。
 徳島動物愛護センターからのお知らせを読んで欲しい。
 いま、愛護センターは処分の施設から命をつなぐ譲渡への道へと変えようという試みをしている。
 少しでも命を助けたい。
 職員の方たちの真の願いは処分することじゃないのは当然のこと。
 崖の上にはもっともっとワンコたちが今も辛い日々を送ってチビワンコたちは生まれても死んで行っているという。
 現実のなかでどうしたら命を救う事が出来るのか。
 どうか、電話をして本気でワンコたちを飼おうと考えた家族さん、どうか、お近くにも明日をも知れぬ命が一杯います。崖ワンコの代りに助けてやってください...。
 お願い致します。
 そして、徳島動物愛護センターの皆さん、これからもワンコたち、にゃんこたちの命、一つでも譲渡の方向でよろしくお願い致します。
 徳島だけじゃない、日本全国の動物愛護センターが処分施設ではなく命をつなぐシェルターになってくれることを切に切に願うばかりだ。

2006年12月25日 (月曜日)

メリー・クリスマス&ハッピー・ホリディ?

Kochi_no_basho
この上好きにゃの..

飼い主の憂鬱

 今日は12月25日、メリー・クリスマス♪ですよね??
 ハッピー・ホリディ、というのは、やっぱり、その、賛美歌練習した身には馴染みませんね..
 日本だからこそハッピー・ホリディ、なんて誤魔化さずメリー・クリスマスでもそれぞれの尾宗旨にあわせてよいのではないでしょうか..八百万の神様がござらっしゃるんですから。

 所で、ところでです。
 地デジ、本格的になってきましたね。
 ピピンの携帯を買いに行ったとき、テレビ、というともう、液晶かプラズマか、てな感じ。
 32型、といいますが量販店のあの広さでおいてある分にはまずまず、と思ってもいざ実際に我が家にと言う事になると大きさだけでなく別な問題が残されているのです。ただ、これは、猫主さんなら結構お持ちになっている悩みの一つじゃないでしょうか。
 “猫はテレビが好き♪”
 毎日、テレビの上争奪戦が繰り広げられている我が家、弱虫&お間抜けキャラのクロピーも事、TVの上となるとまけてなんかいません。先ほどもいつもはやられっぱなしのおでんに対しても一歩も引かないどころか後から来て追っ払ってしまうほどTVの上が大好きなのであります。だから、地上波終了となって液晶とかプラズマにしても受像機そのまま置いておかなきゃならないかもしれません。
 既にPCは、液晶ディスプレイがあるんですが、あえて今も17インチのドデカイディスプレイを使っているのはひとえに、にゃんず、のためであります。
 特にこっちゃんはバスン、というドデカイパワー・onの音とともに走って飛び乗ります。
 “ここ、こっちゃんのにゃの!!”
 そしてPCをシャットダウンするまで、ずーっと乗ってすやすやと眠るのです。
 今も、目の前で寝んねしているこっちゃん。
 先日、このディスプレイの調子が悪く、お払い箱か??となった時一様に心配になったのは、液晶にしたら“こっちゃん悲しむよね?”
 幸い、ちょっと接触が悪かったためとわかり、しばらく問題は先送りとなったけれど、新しくPCは買い換えたとして果たしてディスプレイはどうするか、という問題は残り続けるわけです。
 液晶の方がいいのは判っているんですがね、メーカーさん。
 我が家には、猫が、いるんです。
 といっても、液晶ディスプレイの流れは変わらないだろうなぁ。
 PC相手に悪戦苦闘しても目の前で可愛いこっちゃんが“おかあしゃん、おこったらだめらよ、こっちゃんいい子してにぇんねにぇんねちているんらからね”のように“うにゃぁ・んる?”とされたら、怒髪天を突く思いもあっという間に沈静化しちゃいます。クレーム対策としてにゃんずたちのスペース付き、というの無いでしょうか???
 結構、需要、あると思うけどなぁ....。
 
Kochidameyo_2
にゃくしちゃ、だめでしゅよ、おかぁしゃん!!
 

2006年12月24日 (日曜日)

なんてこったい、クリスマス・イブ

Tree_2
☆☆☆メリー・クリスマス・イブ

初・ウィルス騒動

 年賀状、済みましたか?
 さて、クリスマス・イブの前になんとかしようと刷りあがった賀状を前に住所録の確認を、と開いたPC
。そのまえにちょっと、とピピン。
 と、突然見慣れぬ警告が連発されたのであります。
 一昨日、ダウンロードして更新し、検索に夜中の3時までかかったトレンド・マイなんとかのウィルス・バスター2007がまるで壊れたかのようにウィルスじゃーーー!!!と叫んでいたのであります。
 あわてたけれどとにかく落ち着いて、修復をクリック。
 が、てんで、駄目、なのである。
 つまり、2007はネットで対応策がでてくるのでネットに繋がらなくなってしまったら...そう、当然ですが対策がまったーく出来なくなってしまったしどうしたらいいのかも、解らなくなってしまったのであります!!
 なーんのための更新だったのか...!
 で、右往左往のあげく、つまるところはWINDOWSのリカバリー。
 感染発覚21時。
 リカバリー突入22時30分。
 プロダクト・IDまでの四苦八苦はもう思い出すのも嫌なのでパス。
 ようやくIDいれて、とただしいのに『ただしいIDをいれろよ』を連発するマイクロ・ソフト社。
 ....それが夜中の2時です。
 もう、やけで電話をする。
 何度か待たされたが“でたよ、やってるんだ...”
 慇懃ブレイ・不機嫌そうな気配を漂わせてはいたものの担当のお兄さんのおかげで、無事ネットにつながり、なんとか解決できたかな??と思えたのは夜中の3時5分前でした。
 .....こんな騒ぎになりたくないから金払って、マメな更新に目をつぶり信用して2007に更新して、これだ.もの。
 トレンドさん、これから信用して本当に大丈夫ですか???
 
 ああ、これが運の尽き始めとなり、予定は全てなんだな、食い違い思い違いでとんだクリスマス・イブとなってしまいそうです、今現在。
 なんだかなぁ....。
 ま、そんな年もあるでしょう。
 皆々様は、素敵なクリスマスをお迎えください。
 “神様、神様、どうか一人でも一匹でも暖かな暮らしが出来ますように御見守りください...”

2006年12月16日 (土曜日)

ERは大賑わい

ピピン、2度目の点滴す

 ピピンが吐いた。
 こんな時間に起きるはずの無いピピンが起きた。
 “おんや..??” と、夢うつつのなかでピピン、トイレに直行、しばしこもりっきりになった。
 無言で戻る、とすぐにトイレに駆け込む。
 出かける時のぞくとかなりへたれていたが声とかまだ大丈夫そうだったのでそのまま仕事へ。
 早めに仕事場を出て用事を済ませ、久しぶりにピラティス♪、と帰るとピピンがトイレで自主的軟禁状態になっていた。
 吐き気が止まらないのだという。お腹はなんとか大丈夫というが...
 “ノロウィルス???”
 夕飯の支度を済ませたらメリー君帰宅。 
 実は彼も悩ましく切なく哀しい症状に見舞われていて気持ち撃沈気味。
 診療の予約とレズ、診察あくのをまって行かなくてはならないのだが、とりあえずはピピンである。
 我が家の車は前の持ち主の趣味でまっかっかである、ほとんど、病院への送迎に使われていることが多いので色は消防自動車だが、やっていることは救急車、というのはメリーの弁。
 何時に帰れるか解らないのでとにかくご飯を食べて19時前に病院・ERへ向った。
 待合室は...ピピンと同じような症状で老若男女が次々に飛び込んでくる。
 看護士さんが問診票を受け取りに走り回っているほどだ。
 “ノロウィルス???”
 まだピピンは一人でトイレへ行くだけの余力がある分まだ良いのかもしれない、などと思うくらい皆さん撃沈中、である。
 1時間待って診察、そして点滴による治療の終了予定は2時間。
 点滴処置室のベッドは満員である。
 そういえば...見たことあるこの部屋、というのも当然で2年前救急車で飛び込んで運ばれたのがココだった。
 あの時側にいたのはピピンだった。今回は、逆の立場になっている。
 脳震盪で入院・点滴以来2回目の点滴にピピンげんなりしているがとにかく今最上の治療は点滴である。
 吐き気止めをいれた点滴開始は20時40分。
 単純計算で...22時40分か....。
 検査の結果、感染性胃腸炎。ノロウィルスかどうかはもっと詳しく高価な検査をしないと出ないということで、細菌性かもしれないので抗生剤と病院に来て始まったお腹下しの薬を処方される事になった、あ、あと吐き気止めの座薬も。
 点滴終了したのは23時少し前。
 メリーに迎えに来てもらいイオン飲料など購入して戻ったら...もう今日は目の前だった。
 なんの兆候もなく突然ピピンを襲った胃腸炎。
 体育会系のピピンだったから戻ってこれたのかもしれないが...とにかく今年の風邪、というか流行性胃腸炎は“ノロウィルス”じゃなくてもコワイぞ、である。
 ベッドの中でへたれているピピン、“今年は厄年だ...”とぼやいている。

 皆さん、くれぐれも御自愛ください。

 手洗い・うがい、忘れずに!! 

2006年12月13日 (水曜日)

ワンセグ

ピピン成人ス

 13日。
 今から20年前、ピピンは生まれた。
 クリスマスが予定日だった...。
 恐れ多い、と思ったのか、はたまた誕生日とクリスマスと一緒にされないようにかは解らぬが、一週間以上早く破水して、緊急で夜病院に飛び込んだ。こういうときにいないのが我がビル簿旦那。
 兄が車を出してくれて助かった。
 医者は“今夜は生まれないでしょう”といったらしいが、大はずれでメリーと違って順調に陣痛が始まり、明け方前にピピンは2900グラムで生まれてきた。
 赤ん坊の時は、手がかからなかった。
 長じて、その反動か、いろいろさまざまありました。
 現在お気楽文系大学生活やっとります。
 で、誕生日の贈り物ですが、あたらしい携帯電話の機種変換代でした。
 来年からは副主務になるので、ともっともらしい理由により、“ま・しょうがないか”となったがメリーに言わせると“携帯○万だして買うなんて...あんびりーばぼー”
 同感。
 なんだ・かんだ、とやっぱり以前から欲しかったからちょっとハイ、はしゃいでいるのがよく解る。
 はしゃぎすぎて、来月お小遣いなくなっても追加は無いんだからね!!
 ビル簿旦那も酒入りながらも“おめでとー!!”


 おめでとう、か....。
 君が生まれて20年。
 お誕生日、おめでとう...生まれてきてくれて、ありがとう...♪
 

2006年12月12日 (火曜日)

Miss Marple

海外ドラマ

 毎度、思うんですよね。
 日本の時代物ドラマって、なんであーも安っぽくなってしまうの???
 グラナダ版シャーロック・ホームズにしてもポワロにしても、その時代の中に視聴者を充分なじませるだけの背景なり小道具なりがキチンと生かされている。しかるに..恐らくそれだけの小道具も無ければ背景・風景総てにおいて無くなってしまっている、という事なのだろうか...。
 で、今、NHK・BS2でやっております海外ドラマ、良いですね...。
 デヴィッド・スーシェのポワロと新しいミス・マープルシリーズ。
 けっこう、すごいキャスティングなんですね、これが...。
 う~ん、どこぞで見たぞ????
 お~っ!!!!
 の、このところです。
 昨夜は「書斎の死体」
 マーブルは以前にも違う配役でシリーズ化してNHKでやっていましたが、今度のマーブルさんのほうが活動的な感じがして最初は戸惑いましたがもう、すっかりなじんでしまいました。吹き替えの岸田今日子さんがなんともいい味を出しています。NHKの場合、吹き替えもきっちり実績のある方を使って下さいますので本当に安心して見られるのもいいです。
 そこで、なんですが、昨夜ずーっとずーっと気になっていたのは警視役で出ていた人なんです。
 前もってみていた配役には入っていないし、ま、警視役なのでどちらかというと主役クラス、ということではありませんが、妙に同僚役とともに気になっておりまして...。
 “あの笑い、どっかで見た、それも最近だ、だれだ、誰だ、だれなんだ...”
 山本功二君のモーツアルトの旅紀行番組を見ていつつもずっと気になっておりました。
 ネット、便利ですね、と改めて言う事ではないんですが、調べました。
 やっぱり、ありました。
 確かに見たはずです、最近。
 だって、ジャック・ダヴェンポートだったんですから。
 あの、にやっとわらった顔、提督です。
 嗚呼、なんでわからなかったんだろ..というのが誰か判明した時に感じたショックのほうが大きかったんですけどね。
 今夜は仕事で見られない..ビデオで見ることになりますが、NHKの海外ドラマ、見逃したらいけませんぞ??

2006年12月11日 (月曜日)

雨の師走にありがとう

Kochicoco1
かくれんぼ♪だーれが隠れているのかな?

朗読の会ご報告

 12月9日、雨の土曜日でしたがおしゅさん、そして蓮さん、おいで頂き有難うございました♪
 朗読、といいましても朗読に至るまでがいろいろと楽しみでございまして。
 で、今回は3人ということで原書を見比べながら、またまた読みあいました。
 まず、考えたらだれも読んで無かったかな?と私が旅の仲間のとっ初めを読みました。
 次に蓮さんが、お風呂の歌を。
 閉めはおしゅさんの『キリス・ウンゴル』でのサムとフロドが抜け出す算段をしている所です。
 原書で気になったのがキリス・ウンゴルでのサムの科白。
 『南無三』
 時代劇でも最近のワカゾー・タレントは日本語知らないから使わないんじゃないかな。
 つまり、南無八幡大菩薩!を縮めた言葉で『しまった』とか『しくじった』とか、けっこうやばいよぉ~、という時に使う言葉。
 Save me, but I had!
 これを瀬田さんは『南無三、すっかり忘れてましただ!』と訳しています。
 あっ、と思うサムの表情がこれまで見た時代劇のその科白とかぶって浮かびます。
 ところで、今脇明子先生の『魔法ファンタジーの世界』という作品を読んでいますが、そこに瀬田さんがターキッシュ・デライトを『プリン』と訳してしたためエドモンドがただの食いしん坊になってしまった、とありました。
 確かに今ではプリン、というとぷっチンプリン、とかスーパーで安売りされているゼリーもどきのプリンを刺す事になると思いますが、瀬田さんが翻訳された当時、プリンといえばプリンアラモード、のようにカスタード・プディングの事でした。
 カスタード・プリン...これはデパートのお好み食堂とかケーキ屋さんでしか食べれない特別なデザートだった時代があるのです。私の子供の頃はプリンを頂くなんて本当に『やったね!!』の時代でした。初めて頂いた時の美味しさというか味わいはこんな美味しいものがあったんだ、というある意味カルチャー・ショックもありました。
 だから、エドマンドが白い魔女にプリンで誘惑されたのも充分納得できたし、エドマンドの気持ちもよくよく理解できたのです。寒い雪の中であったかい飲み物そして冷たくて甘くてほろ苦いキャラメルソースのプリン..。
 『プリン・アラモードって憧れのデザートだったよね♪』
 これも、時代なんでしょうか。
 サムの南無三、下手に『しまった』とか『やれやれ』とかにしなかった効果、というのも今の人達には伝わらないフィーリングの一つなのかもしれません。
 
 次回は、年明け1月です。
 ご要望はお早めにお知らせ下さい!!

Huoooon_1
答えはココチャンです♪
 

2006年12月 8日 (金曜日)

12月の朗読の会

Img_0043kochi_1

12月のお知らせです

 現在の所ですね、12月9日なら大丈夫だと思います。
 ご都合、お知らせ下さい。
 宜しくお願い致します♪

 それにしても....ああ、もう師走なんだ....
 光陰矢のごとし、をひしひし、感じております。
 そうだ、ワクチンの予約しなくっちゃ....7にゃんず分のワクチン代、またまた諭吉さんとは長くは付き合えないイオレスです。

大事なこと忘れていました!!
12月9日、土曜日、14時からいつもの奥の間です。メンテナンスで編集できなくて...あせりました..。
おいで、お待ちしています!!

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

鳥撮りです

お世話になります

My Nyans

  • DeBoomo=Zash 巨猫団入団!
    新メンバーとして許可されました 025
  • 巨猫団入団!!
    ☆我が家の癒しの権化@妖怪まくらぬし、くまっちが晴れて巨猫団の団員として認められました...。 今後ともご別懇に♪ 巨猫団。 くまっちのとても素敵な想い出になりました。 1_667
  • ☆ちびおでん
    oden その年は子猫の保護に翻弄された年でしたが、その第一弾がこの子でした。マンションの通路1階においてあったタイヤ(共用部分なのでホントは不法なのだが...)のなかで泣いていたのを私が保護せざるを得ない状況でつれて帰ったのが始まり、約一週間後に実家から持ち込まれた鼻気管炎の子、そして2ヶ月後に生まれたての3匹が排水管に投げ込まれ...結局9月に我が家には9匹の猫がいた勘定になるが、哀しいことに生まれたてのチビちゃん2匹は神様がお手元にお寄せになられしまわれた。新しいお家を探し始めたものの最初に保護した子はとってもナーバス、猫と飼い主になる方との試験期間もこの子には無理かもしれない、獣医の薦めにのっかって2匹を手放した寂しさに負け残したのがチビ・オデン。もっとましな可愛い名前を思っていたのにいつの間にかメリーが毛色などから『おでん』と呼んでいたのが定着、やれやれである。ただいま2歳、我が家のトラブル・メーカーである。毎日のように大好きなメリー兄ちゃんを困らせているしちょいちょいと隠れちゃ出す爪でストッキングの伝染被害増加中。さんざっぱら『あれ、いや。これ、いや』だが夜中にそっとやってくるチビちゃん、棄てられた子の心を治す事なぞできるものではないのだと改めて思う。『どーして、おにいちゃん困らせるの?!』今日もメリーの小言が聞こえています。
  • ☆通称・クロちゃん
    kuro クロチャンの本名は長いです、彼女が何かしでかすごとに名前がくっついて行きました。 “はげちょびっち・くろぷーすけぴー・たりりんぼまーる・かす”我が家最強にゃん、ちっぽと癒しの権化くまっちと兄弟とはとても思えない“不出来”な妹です。ちっぽたちはお腹に居る時から『モンプチ』などの高級カンカンで育ったのですが、諸問題が勃発、本当は避妊手術してクロちゃん達は生まれない予定だったのです。トラブルメイカーのためにくまっち達の育ての親代わりの方達が引っ越されてしまい、クロチャンたちも生まれてしまいました...。その後なんとかクロチャンたちのような事にならぬようクマかあちゃんは避妊の手術しましたが結局生まれた5匹の内里子にだせたのは『紋次郎』と名前を付けられた子とあまりの臆病とお間抜けに里子に出せなかったクロちゃんだけ。紋次郎も里親さんと連絡取れにくくなり元気でいるのかどうか不明になっています。契約書を取り交わす事を決意したのはそういうことからもあるのですが、なんにしてもクロチャン保護に当たっては結構大変でマンション自治会のメンバーとも一戦交えた事も。『野良なんか人に馴れるもんか』といわれましたがそんな事はありませんよ、自治会メンバーの一人であるピル簿旦那の帰りを心から待ちわびるのはクロチャンですから...。 ***2014年9月9日14時32分、16歳、右目した瞼にできた腫瘍により虹の橋を渡りました。
  • ☆みぃちゃん*********************2006年8月11日 肝嚢胞により死去、推定年齢15歳
    mie 三毛のみぃちゃんは12年も外暮らしをしていたしっぽの短いチイチャクて痩せた老猫です。面倒を見ていた方が引越しされてからずーっとそれとはなしに管理人の目を盗んでご飯をあげたりしていた。ペットクラブ設立を機に管理人さんに事情を話していつでも家に入れられるようにご飯をあげてなれさせたものの果たして我が家に来てくれるかどうか心配だった。老齢化が目に付きそろそろと思っていた矢先に子猫騒動で保護が伸びてしまったが冷夏と暖冬に救われた。しかし、東京も結構雪が降るんです、1度保護に失敗して様子を改めて見ていたのですが2月霙の夜、風邪を引いたのかよろけるように隠れ場所からでてきたのを見て援軍の息子二人を引き連れ有無を言わさず保護。しばらくはケージ暮らしをしてもらいましたが現在テーブルの下をわがテリトリーにして暮らしています。歯がもう抜けてしまっているのでお粥のようにしてあげいますが食欲旺盛。カリカリも食べたがりますがやっぱり丸呑みになるのでばあちゃんだけ別メニューです。多分12歳、ですから人間で言うと90才くらいでしょうか。目が余り良くないせいもありマンション敷地内でちんまり大人しく暮らしていたことが良かったのかも知れません。おしっこをあっちこっちにしてしまうので気をつけなきゃいけませんがペットシーツで済めばいい事。何にしても“長生きしようね、頑張ろうね..”です。
  • ☆ぎずも・ぐれむりん
    gizmo ☆ギズモ・グレムリン *********2009年7月1日。 慢性肝炎からの胆石と急性の膵炎により、手術後、急逝。享年10歳。 通称ギズくん、もしくはちゅーくん、は保護する前はどんな目に会って来たんだろうか。とにかく鳴けない、のどもごろごろしない、小心者というよりとにかく臆病だ。地震雷台風は大嫌い。すぐに情緒不安定になってしまう。くまっちに抱っこしてもらいなめてもらわない手落ち着かなくて寝られない。可愛い外見ではわからない彼には痛みが残っている。里親ポスターすら作らなかったのはギズモだけだった。まぁ、マンデに似ていたことも里親探すこともしなかった理由でもあるんだけれど。
  • ☆癒しの権化 くまっち
    *********2007年5月14日午前2時38分多臓器不全により死去 kumakun クマッチ君です。ちっぽとは同腹の兄弟ですがクマ母ちゃんがどうしても預けてくれず2年半ほど外暮らしを経験。ただし、幼少時お世話をしてくださった方にとっても大事にされたためとても性格が◎。その体格といいまさに癒しの権化でございます。セラピスト・クマッチの力は絶大。傍にこられただけでもの皆安らぎに包まれふかーい眠りに誘われてしまうのです。定期試験の前は入室制限をさせてもらってます...。
  • ☆ちっぽ
    20041126chipo とにかく、我が家最高最強のニャンです。 7月7日にクマかあちゃんから預かりました、可愛くってお利巧で、人の心をなにより判っています。ワイルドストロベリーといっしよのちっぽちゃんです

ウェブページ

最近のトラックバック