フォト

おことわり

  • コメントと写真について
    コメントと写真について一言おことわりを申し上げます。 ささやかなプログではありますがコメントして頂けるのはとても嬉しいです。でも、申し訳ないですが、管理人が不適切・不適当と判断したものは勝手ながら削除させて頂きますのであしからずご了解ください。 写真について個人が撮影しているものについては全て著作権は撮影者にあります。違法行為が認められた場合はそれ相応の対応を講じさせて頂くとことをお断りしておきます。

写真をクリック♪

  • 写真をクリック♪
    写真の上にカーソルを置いてクリックすると画像大きくなります♪

イオレスの摘み草記

  • Genkouhan
    こちよ、こちよ、かわいいこちよ。 こっちゃんはね、ほんとうは“こちよ”というんだよ おかしいね、おかしいね♪

多摩川で勉強中

  • 金色ゆらり
    多摩川の川っぺりに越して随分となりました。 ベランダから見下ろす多摩川相手に写真の稽古を付けさせてもらっています。
無料ブログはココログ

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月14日 (土曜日)

スーザン・ぺベンシー

しばらく、こちらをTOPに置きます♪

2008062f082f982ff0137498_23565035

関西エルフ語講座が開催されます!
ご都合のつく方、興味のある関西圏の皆様、是非、是非、ご参加下さい!
詳しくはこちら♪

テーマ エルフに森の中で出会ったら・・        
「エルフ語」の解説と実践

講師 : 伊藤 盡 杏林大学外国語学部准教授

日時 : 7月5日 土曜日 14時~15時半
場所 : 神戸女学院大学 理学館 S-24
      〒662-8505 兵庫県西宮市岡田山4-1
              神戸、大阪より阪急電車で15分
       西宮北口駅よりタクシー5分または、
                門戸厄神駅より徒歩10分
地図: Yahoo地図
     アクセス資料費 500円 (要参加申し込み)定員50名
申し込み締め切り 6月30日
    どなたでもご参加いただけますので、お気軽にどうぞ♪    

主催 英国トールキン協会 スミアル クウィヴィエーネン
共催 神戸女学院大学

問い合わせ・お申し込み  クウィヴィエーネンまでメールでどうぞ。
*件名「エルフ語」 お名前(HNでも構いません)と参加人数をお知らせください。
       e-mail:cuivienen@infoseek.jp

駐車場はございませんので、どうぞ公共の交通機関をご利用の上、お越しくださいませ。
尚、構内は全面禁煙となっておりますので、ご協力よろしくお願い申し上げます。


ナルニアの友

 気が付きました、アスラン塚での壁画。
 古の王と女王の壁画。
 スーザン女王。

 斜めを向いていました。

 スーザンは、兄弟・両親、そしていとこも失います。
 
 いや、逆に言えば、ユースチスとジルの両親も子どもを失います。
 
 さいごの戦いで、ナルニアの友である7人は真のナルニアへと導かれます。
 タムナスさんと再会したルーシィーにはただ、喜びだけがあります。一人残されてしまったスーザンへの思いは一切書かれていません。
 
 ピーターもエドマンドもユースチスもジルも...

 大人になるということ。
 おしゃれやボーイフレンドに夢中になることはそんなに許されないことなのか。
 中学生の私にとって、この事はただ、ただ、呆然とさせました。
 苦いしこりとなって、それから今日に至るまで残ることになりました。

 今も、苦く辛い事実です。

 ルイスは、同じように心配した少女に、スーザンもいずれ、別な方法で皆に会えたでしょう、と手紙に書いた、とありましたが、いつか、というのはそれはどれほどの間だったのでしょうか。
 親も無く、兄弟もいないスーザンはどうして生きていったのでしょうか。

 エルダールに与えられた恩寵である『死』。
 アラゴルンはアルウェンとの別れにこの世を越えたところには思い出以上のものがあると言ったが、それは愛する者と共にに生きたからこその言葉だ。
 家族から一人残されたスーザンに、その言葉は当てはまりはしないだろう。
 それとも、共に生きるべき人がいたのだろうか。
 
 さいごの戦いが出版されたのは1956年3月19日
 ジョイと登記所で結婚の届けをだしたのはその一ヶ月後、1956年4月23日、ジョイのガンがわかったのは『愛はあまりに若く』を9月10日に出版した翌月10月19日。
 正式に結婚したのは翌年1957年3月21日。そして、1960年にジョイは亡くなっている。

 愛する者たちに残されることの哀しさや苦しさ、辛さは、ルイス自身が良く解っていたからこそ、『魔術師のおい』のディゴリーにその想いが投影されていたのではなかったのか。
 
 『そんなに、スーザンが嫌いだったの?』

 スーザンは、いつみんなと会えたのだろう。
 真のナルニアでアスランと再開することが許されたのだろう。

 さいごの戦いは、映画化をされる。
 その時、スーザンが残された理由は、どう描かれるのだろう。

 アスランの国へ通じる入り口は、この世界にもあるとアスランは言った。
 
 指輪物語には、中つ国の創造がなされていたが、宗教臭さは逆にない。
 ナルニアには息が詰まるほど。
 ミッションだったから、なんとか飲み込めた、と思っていたスーザンのこと。

 やっぱり、私には飲み込めてなかったことを深く、深く感じている。
 今。

1150270


2008年6月10日 (火曜日)

翻訳

で、ココからが本編です。

Thesilverchair

 ナルニア Webなる、ナルニアの映画化についてのサイトが、ある。
 当然ですが、英語のサイトです。

 で、これまた当然なんですが、一応、ネットの翻訳機能を利用するのですが....。

 しばらく『翻訳には時間がかかります』なんて表示をみつつ、翻訳が出てくるのは待つことしばし。
 どうも、朝びらき丸東の海へ、の次の作品をどうしよう、ということらしいのだが、突如として『シルヴァー議長』なる人物が登場する。
 ..映画に議長??
 なにか委員会でも出来てるのかしら...と、ハタと気が付きました。

 新年度で役員が代わって名刺を作り直すことになり裏は英語表記となるため『理事長』はChairman、になります。
 
 銀のいす、つまりSilver Chairを『議長』と訳してくれたんですねぇ....。

 つたない英語力でもこんなこんな『翻訳はせんぞ!!』

 道理で知らない『役員』がでてくるわけだ....。
 昔っから言われていることだけれど、もう少しマシな翻訳機能サービスは無いのか????

 銀のいすがシルヴァー議長ねぇ....

2008年6月 9日 (月曜日)

40年もの想い

Picshow_2


リーピ・チープと菊ちゃん

 行ってまいりました。
 ナルニア国物語吹き替え版。
 
 『後5分寝かせて』
 この科白、そう、この科白で尾上菊之助@カスピアン王子は登場いたします。

 新・三之助のうちで、容貌と声ともに◎なのはこのお方、尾上菊之助。
 寺島しのぶが劣等感にさいなまれて孤独感を味わった、というのも、よく解る。
 おとうさんとおかあさんとおじいちゃんの良いとこ取りですよ、この梨園の御曹司は。

 下手なタレントではなく王子の品格として尾上菊之助を引っ張り出したのは松竹のお手柄です。

 ブラボー!!

 ベン@カスピアンを目の前で見ているのですが、なんとなく甲冑武者ぶりの菊之助が彷彿とするのて゜あります。
 エルさんのブログでスーザンとのキスシーンも納得。

 『私の初恋の人はスーザン女王...』

 美しのスーザン女王、といわれた方が初恋じゃ、どんな娘もそりゃ、お見合い断られるのも仕方がないですよねぇ...原作・朝びらき丸でカスピアンがいろいろある見合いを難癖つけちゃ断っているという場面があるが、今回のあのシーンを見せられちゃぁ、トランプキンだってお見合い勧めるのも二の足踏んじゃいますわな...。

 星姫。

 配役、だれになるのだろう。キャスティングの人、頭なやましていることて゜しょう、さぞね。

 なぜかレディ・ペネロープが品の無いヤンキー娘とか、トロイみたいにごっついゲルマンレディは、勘弁してほしい.のだが...スター・ダストの落ちてきた星の精、あれなんか、よほど何か、コネでもあったのか?!と勘繰るほど『らしさ』無かったな...。でも、ロバート・デニーロとかミッシェル・ファイファーといったベテランを除いて、主役の父親の若き日の役をやっていたベンだけが輝いていたっけ。

 一緒に見に行ったゆきみさんからリーピ・チープ登場のシーンで、先に字幕版を見に行ったやはり、リープ・チープファンの妹さんと同じ事をしたらしい。

 そりゃ、ねぇ...思い続けて42年ですよ、42年。

 さいごの戦いでのスーザンのことはショックだった。
 私は絶対にそうなるまい、そうならないよう、ナルニアのこと、アスランのことを忘れない、忘れちゃいけない、そう思い続けた42年でした。その間に、中つ国にずっぽりはまっていましたが、カスピアンが追っ手に追われて逃げるシーンを見ていて、ナルニアはやっぱり中つ国に繋がっていると...(爆)。
 
 川を渡るシーンでは向こう岸にアルウェンが白いエルフ馬にまたがり、剣を掲げて『If you want him, come and claim him.!!』と待っていそうな気がしてしまいましたし、おーーっ、この森はロスローリエンの森か!!なんてね。

 改めてPJの凄さというか指輪にかけた情熱を思い知りました。ニュージーランドを中つ国にしちっゃたんだものなぁ...PJは。
 これから、ニュージーランドでファンタジーを作る監督、大変だろうと思います...LOTR見ている人には皆二番煎じになってしまうもの...。

 次は字幕で観る予定です。

 字幕、まさか...とは思いますが、ね?

 ナルニアの映画化は、PJのお陰でも或るわけで、やはり、感謝せねばならないだろう。

 次作は、朝びらき丸。
 大いに楽しみである。

 それにしても、BBC製作のナルニア国物語。
 あのリーピ・チープはバクシ版のアラゴルンといい勝負です。

 どちらも、のけぞり、転げ落ちそうになる衝撃度は、凄まじいものがありますものね。

Axds1104jpgbbc_leep
これが???目を疑ったリーピ・チープ。

Axds1104jpgcaspian
子どもらしかったし巻き毛がラブリーなカスピアン。
銀の匙さん、巻き毛のカスピアンですよぉ~♪

 
 

2008年6月 1日 (日曜日)

ガウンとマント

再びのLotB-指輪貧乏

02999458

 LotB

 かの大作、指輪物語がPJによって3部作の映画になった時、こんなの指輪物語じゃない!!と憤懣やるかた無かった、のも事実だが、映画化によりこれまで諦めていて著作物やら、なんやらと復活して大いに憤懣の下げどころを見出したものの、見出した分、出て行くものも多くなっていった。
 
 そんな際に使われたのが『LotB』。

 つまり、原作を言うに及ばず、映画はたまたアニメに関係する『指輪物語』関係の購入により次第、次第に経済的基盤が落ち込んでいく有様を表してこう言っていたのだ。

 アカデミー賞11部門を受賞し、映画三部作は終わったが、その後のDVDのCEとSEEの発売はLorBに拍車をかけ続けていった....嗚呼。

 あれから6年?

 ようよう、LotBから開放されたかなぁ...と感慨深い昨今と相成ったものの、関連すると思われる講演や講座があると聞けば、そわそわして落ち着きをなくし、八王子を言うに及ばず、高崎まで足を伸ばすまでになっている自分に、驚いている。
 そして、来る7月5日。
 ついに、関西圏でエルフ語講座が開催されると聞くや、矢も立てもたまらず旅行会社の格安チケットをゲット。
 現在、希望のエステル号が捕まえられるかを待っているという有態である。

 何をかいわんやである。

 そんな輩がこの日本にもまだいるだろうと踏んでのタイトル付けなのか???
 多分、絶対にそうだ!

 日経の夕刊に出た書評。
 なんじゃ..このタイトル!

 書評の内容からして、古本屋さんの儲け話集らしいし、なにも、買わんでも、あっはははは...と見過ごせないのが、LotBの因業な症状。

 こそっと熱帯雨林で検索したのに出てこない。
 えっ??
 だって、昨日の夕刊に(一応、検索するのを半日我慢した)...!!

 はっとして、リビングにこそついて再度夕刊を確認。

 うわっは!!と内心、のけぞったのをそ知らぬ体にて、再びPCの元へ。

 出るわけ無い、出るわけ無いさ、『トールキンのマント』じゃ....。

 正しくは『トールキンのガウン』。

 どこでどう、間違えて覚えたものか...情けなくなる。

 エルフ・マント。
 多分、これだと思うけどね。

 それにしても、それにしても...いつ、ぽちっとしてしまうか解らない自分がマジ、おとろしい...。

 訳者の高宮先生だし....。
 LotBは一過性の病気だと、考えていたのだが、そうではないのかもしれない。
  
 LotBはウィルスなのだ。
 きっと、免疫化してしまい、身体に住み着いて細胞と既に同化してしまってしまうのだ....!!。
 そんな感染患者が日本にも潜んでいること察知してのタイトルだ、きっと。

 やれやれ。

 『道はつづくよ、先へ先へと....』

 LotBも、またつづく....


☆※☆ 全くお恥ずかしき次第です。
     LorB、つまりロード・オブ・ザ・貧乏なので『r』ではなく『t』が正しいのです。
     wataさん、有難うございます...。
     で、やっぱり、LotBはウィルスです、危険です、脳細胞がハカイされてしまうのか?
いやいや、歳のせい、ということにしておいてください。
     訂正の件、何卒ご容赦の程を....。
 

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

鳥撮りです

お世話になります

My Nyans

  • DeBoomo=Zash 巨猫団入団!
    新メンバーとして許可されました 025
  • 巨猫団入団!!
    ☆我が家の癒しの権化@妖怪まくらぬし、くまっちが晴れて巨猫団の団員として認められました...。 今後ともご別懇に♪ 巨猫団。 くまっちのとても素敵な想い出になりました。 1_667
  • ☆ちびおでん
    oden その年は子猫の保護に翻弄された年でしたが、その第一弾がこの子でした。マンションの通路1階においてあったタイヤ(共用部分なのでホントは不法なのだが...)のなかで泣いていたのを私が保護せざるを得ない状況でつれて帰ったのが始まり、約一週間後に実家から持ち込まれた鼻気管炎の子、そして2ヶ月後に生まれたての3匹が排水管に投げ込まれ...結局9月に我が家には9匹の猫がいた勘定になるが、哀しいことに生まれたてのチビちゃん2匹は神様がお手元にお寄せになられしまわれた。新しいお家を探し始めたものの最初に保護した子はとってもナーバス、猫と飼い主になる方との試験期間もこの子には無理かもしれない、獣医の薦めにのっかって2匹を手放した寂しさに負け残したのがチビ・オデン。もっとましな可愛い名前を思っていたのにいつの間にかメリーが毛色などから『おでん』と呼んでいたのが定着、やれやれである。ただいま2歳、我が家のトラブル・メーカーである。毎日のように大好きなメリー兄ちゃんを困らせているしちょいちょいと隠れちゃ出す爪でストッキングの伝染被害増加中。さんざっぱら『あれ、いや。これ、いや』だが夜中にそっとやってくるチビちゃん、棄てられた子の心を治す事なぞできるものではないのだと改めて思う。『どーして、おにいちゃん困らせるの?!』今日もメリーの小言が聞こえています。
  • ☆通称・クロちゃん
    kuro クロチャンの本名は長いです、彼女が何かしでかすごとに名前がくっついて行きました。 “はげちょびっち・くろぷーすけぴー・たりりんぼまーる・かす”我が家最強にゃん、ちっぽと癒しの権化くまっちと兄弟とはとても思えない“不出来”な妹です。ちっぽたちはお腹に居る時から『モンプチ』などの高級カンカンで育ったのですが、諸問題が勃発、本当は避妊手術してクロちゃん達は生まれない予定だったのです。トラブルメイカーのためにくまっち達の育ての親代わりの方達が引っ越されてしまい、クロチャンたちも生まれてしまいました...。その後なんとかクロチャンたちのような事にならぬようクマかあちゃんは避妊の手術しましたが結局生まれた5匹の内里子にだせたのは『紋次郎』と名前を付けられた子とあまりの臆病とお間抜けに里子に出せなかったクロちゃんだけ。紋次郎も里親さんと連絡取れにくくなり元気でいるのかどうか不明になっています。契約書を取り交わす事を決意したのはそういうことからもあるのですが、なんにしてもクロチャン保護に当たっては結構大変でマンション自治会のメンバーとも一戦交えた事も。『野良なんか人に馴れるもんか』といわれましたがそんな事はありませんよ、自治会メンバーの一人であるピル簿旦那の帰りを心から待ちわびるのはクロチャンですから...。 ***2014年9月9日14時32分、16歳、右目した瞼にできた腫瘍により虹の橋を渡りました。
  • ☆みぃちゃん*********************2006年8月11日 肝嚢胞により死去、推定年齢15歳
    mie 三毛のみぃちゃんは12年も外暮らしをしていたしっぽの短いチイチャクて痩せた老猫です。面倒を見ていた方が引越しされてからずーっとそれとはなしに管理人の目を盗んでご飯をあげたりしていた。ペットクラブ設立を機に管理人さんに事情を話していつでも家に入れられるようにご飯をあげてなれさせたものの果たして我が家に来てくれるかどうか心配だった。老齢化が目に付きそろそろと思っていた矢先に子猫騒動で保護が伸びてしまったが冷夏と暖冬に救われた。しかし、東京も結構雪が降るんです、1度保護に失敗して様子を改めて見ていたのですが2月霙の夜、風邪を引いたのかよろけるように隠れ場所からでてきたのを見て援軍の息子二人を引き連れ有無を言わさず保護。しばらくはケージ暮らしをしてもらいましたが現在テーブルの下をわがテリトリーにして暮らしています。歯がもう抜けてしまっているのでお粥のようにしてあげいますが食欲旺盛。カリカリも食べたがりますがやっぱり丸呑みになるのでばあちゃんだけ別メニューです。多分12歳、ですから人間で言うと90才くらいでしょうか。目が余り良くないせいもありマンション敷地内でちんまり大人しく暮らしていたことが良かったのかも知れません。おしっこをあっちこっちにしてしまうので気をつけなきゃいけませんがペットシーツで済めばいい事。何にしても“長生きしようね、頑張ろうね..”です。
  • ☆ぎずも・ぐれむりん
    gizmo ☆ギズモ・グレムリン *********2009年7月1日。 慢性肝炎からの胆石と急性の膵炎により、手術後、急逝。享年10歳。 通称ギズくん、もしくはちゅーくん、は保護する前はどんな目に会って来たんだろうか。とにかく鳴けない、のどもごろごろしない、小心者というよりとにかく臆病だ。地震雷台風は大嫌い。すぐに情緒不安定になってしまう。くまっちに抱っこしてもらいなめてもらわない手落ち着かなくて寝られない。可愛い外見ではわからない彼には痛みが残っている。里親ポスターすら作らなかったのはギズモだけだった。まぁ、マンデに似ていたことも里親探すこともしなかった理由でもあるんだけれど。
  • ☆癒しの権化 くまっち
    *********2007年5月14日午前2時38分多臓器不全により死去 kumakun クマッチ君です。ちっぽとは同腹の兄弟ですがクマ母ちゃんがどうしても預けてくれず2年半ほど外暮らしを経験。ただし、幼少時お世話をしてくださった方にとっても大事にされたためとても性格が◎。その体格といいまさに癒しの権化でございます。セラピスト・クマッチの力は絶大。傍にこられただけでもの皆安らぎに包まれふかーい眠りに誘われてしまうのです。定期試験の前は入室制限をさせてもらってます...。
  • ☆ちっぽ
    20041126chipo とにかく、我が家最高最強のニャンです。 7月7日にクマかあちゃんから預かりました、可愛くってお利巧で、人の心をなにより判っています。ワイルドストロベリーといっしよのちっぽちゃんです

ウェブページ

最近のトラックバック